Home | New | Stereo | Download | Photo Map | Study | Flight Simulator | Live Camera | Link | About photec | Site map |
  
 
    航空写真の出来るまで
 
  ――ここでは、航空写真の撮影の仕方・利用の仕方について説明します。
       (主として、小・中・高校生を対象にしています。)                        
 
 航空写真の種類
 「空中写真」というものがあります。
 文字通り、空中で撮影された写真のことですが、撮影の方法もいろいろあります。衛星写真もありますし、気球やクレーンを使う場合もあります。この中で、航空機やヘリコプターから撮影したものを航空写真といいます。
航空写真には、垂直写真と斜め写真の2種類があります。
垂直写真
垂直写真
斜め写真
斜め写真


 撮影

 ここでは、撮影時の天候のコンディション、撮影に使用される航空機やカメラなどについて解説しています。   GO!

 現像

 撮影が完了したら、フィルムを現像し、印画紙に焼き付けて写真を完成させます。ここではフィルムの現像や印画紙への焼付、引伸ばし機などを紹介しています。   GO!

 デジタル加工

 航空写真をデジタルデータに変換することで、より精巧な合成・加工が可能になりました。ここではデジタル加工の方法や、加工した写真の利用の仕方などについて解説します。(ただいま工事中です)
はじめに
垂直写真
斜め写真
撮影
現像
デジタル加工(工事中です。)